おっかないのでラジオを流しながら寝ようとするが寝られねえんです。

たまにテントの上でカサッカサ、、っていいます。
おばけがテントをなでているか、虫がぴょんぴょんしているかのどちらかです。
ご、ごえ〜!
ちなみに、脱いだ靴はレジ袋に入れて全室に置いときました。虫が入らないように。


途中何回か目が覚めたけど0時から4時くらいまではぐっすり寝れました。
その頃には余裕が出てきて、テントの中からお月さんを眺めたりしてました。
林のあいだから見た月と星はきれいじゃった〜。ふくろうがほうほう言ってました。
テントの中から手だけ出してお湯を沸かします。おらのテントは上半分だけ開けることが出来るのでピョンピョン虫は入ってこなかったです。


だんだん明るくなってきたので撤収です。ミニトマトとカボチャを収穫して帰りました。
めでたしめでたしじゃあ〜。



次は普通のキャンプ場に行きたいのう。道志にしようか、河口湖にしようか。
これからが本番です。


“ひとりぼっちの夜2” への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    やってますなあ。たき火なし一人キャンプは、きっと寂しいと思います。
    帰ったら帝国内にキャンプに行きたいと思いますが、僕は花粉症なので春は死んでしまうかもしれませんなあ。とりあえず、蜂の巣をやっつけておいてください。クール宅急便は必要ありません。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    帝国は杉林のど真ん中にあるからね、効くぜえ。
    今週も一人キャンプいきますぜ。今度は別のキャンプ場です。たき火出来るかなあ。
    紅葉がいい感じだとおもいます。
    今、干し飯作ってんです。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    なんかね、よくお米を洗わなかったせいなのか、へんなかたまりのができました。不思議系です。
    責任もって食べますとも。
    バードコールっていうのを買ったから鳥と会話してくるぜえ!

現在コメントは受け付けていません。