友達(B氏、Y氏、おまけ)と炭火焼祭りを開催した。


しずかな湖畔である。キャンプしてえなあ。
石でかまどを作って芋焼いたんです。ほっくほっくでとろーりである。



いちご煮、うまかったなあ〜。ニンニクの芽とアスパラもぶっこみました。

まぐろのステーキや、ほたて、はまぐり、ししゃも、えび、ズッキーニ、しいたけ等々、一人のキャンプでは食べないごちそうの数々、、、泣けた。はまぐりがパカって言ったよ。



鍋焼きうどんがなかなか温まらなかったのが今後の課題みたいです。こういうのはガソリンストーブで作った方がいいかもしれませんなあ。

箸を忘れて、ナタとナイフで薪を削って作ったのが楽しかった。
忘れ物しても力と知恵を合わせればなんとかなるもんですなあ。
あ〜面白かった!



“もてる野外料理教室” への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    楽しい一日でした。
    おしるこ帝国産のイモもソーデリシャスでした。
    あしたイシイスポーツ行ってみます。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    石井スポーツいいのう〜。
    いい鍋買ってきてね〜、そしておらにください。
    一人一セット道具を持ってると絶対楽しいとおもいます!
    またしようね〜。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    下の穴は結構大きくてもいいのかなあ。全箇所の穴を大きくする必要はないと思うぜ。風が吹いてくる方向の穴だけを大きくして風を利用するのです。
    鍋焼きうどんをのせても空気の通りが塞がらないように、上の部分にも穴を空けてみるといいかもね。
    上手くいったらおらにください。
    参考ページ
    ttp://www.uside.net/stove2/
    ttp://happa.s81.xrea.com/index.php?c=7-13

現在コメントは受け付けていません。